トライオート

米雇用統計強し

米雇用統計強し

ドル円


10月2日ECBが政策金利を据え置いた。総裁のドラギ氏は追加緩和の発言がなかったことで、市場はユーロを買い戻した。


ドル円


ドル円は一旦110円を付けたところで調整に入っていたが、10月3日のアメリカの雇用統計や失業率の指標がかなり改善されたため、再びドルが買われドル円は110円には届かなかったが、直近の下げ幅を埋めた形となった。


10月にはアメリカ投資信託が決算のために利益確定売りを出しやすい事もあり、10月には株が安くなるというアノマリーが現実となるのかどうか要注目ですし注意が必要です。

コメント


認証コード7072

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional